クレジットカードの返金処理とは

Q.クレジットカード会社を通じて返金とはどういうことですか?処理が取り消されるということですか?
A.クレジットカード会社を通じて返金とは、返金額が明細から差し引かれるということです。明細を確認してみればわかりますが、返金された金額マイナス表示で記載されており、それを減算した金額が請求額となっています。

■クレジットカードで返金されるケース
クレジットカードで返金されるケースとしては、一度カード決済を行ったが注文が執行されなかったというようなケースがあります。たとえば、オンラインショッピングで商品を購入し、クレジットカードで支払いをしたが後日商品の在庫が無いため注文がキャンセルになったというようなケースです。このような場合、既にクレジットカードで支払い処理を完了していますから、支払い処理した金額と同額を返金処理することになります。たとえば、1万円の商品を購入した場合、クレジットカードの明細には1万円の請求と、ー1万円の請求が記載され、相殺して0円になるようになっています。また、ホテルのオンライン決済でも同じで、予約をしてオンライン決済後に予約をキャンセルする場合(キャンセル料が0円)、クレジットカードでの返金処理が行われます。

■ポイントはつかない
当然ですが、返金処理された金額は請求金額から差し引かれているため、ポイントはつきません。そのため、実店舗でクレジットカード決済後に返金が生じた場合、可能であれば現金で返金してもらうとポイントが貯まるのでお得です。ただ、クレジットカード決済には手数料がかかるので、大抵の店舗ではクレジットカードによる返金処理を行います。しかし、中には現金による返金を受け付けているところもあるので、できるだけ現金による返金をしてもらったほうがポイントが貯まるのでお得になるのです。

■利用枠は回復する?
返金処理をした場合でも、すぐに返金分の利用枠が戻るわけではありません。処理のタイミングが異なるため、すぐに利用枠が回復するケースもあれば、回復しないケースもあります。